辺野古新基地の設計変更をめぐり、国土交通大臣が県に対し不承認を取り消し、20日までに承認するよう勧告したことについて、県は判断を見送る回答を国に通知しました。

辺野古新基地建設をめぐって県は2021年11月、沖縄防衛局が申請した軟弱地盤の改良工事を盛り込んだ設計変更を調査不足などの理由から不承認としました。

沖縄防衛局は対抗措置として12月、国土交通大臣に県の不承認処分を取り消すよう求める審査請求を申し立て、4月8日、国交大臣が不承認を取り消し、20日までに設計変更を承認するよう県に勧告していました。

これを受け県は不承認を取り消した裁決を精査する必要があるとして20日、判断を見送る回答を国に通知しました。

また、玉城知事は岸田総理大臣に対し2019年に行われた辺野古埋め立ての賛否を問う県民投票の民意を受け止め、工事を中止し、県との対話を行うよう求める文書を送りました。

県 設計変更の承認勧告 判断見送る