モノレールの車内で予期せぬ事態に陥った時、乗客の安全確保など迅速な対応を目指し、訓練が行われました。

緊急時対応訓練には沖縄都市モノレールの職員や警察、消防など約100人が参加しました。刃物を持った男が突然暴れ出したり、車内で放火したりする事件を想定して、モノレールの職員や警察などが乗客の安全を確保しながら事件の解決を目指します。

沖縄都市モノレール・上原国定常務「(訓練の内容を)隅々まで社員にいきわたらせて、乗客の安全安心をしっかり確保できるように対応していきたい、対応させたいと考えております」

訓練では負傷者の手当てや病院への搬送など、有事の時に必要な動きについても確認していました。

モノレールで緊急時の迅速な対応を目指す訓練