日本最大規模の「食」の国際商談会が、11月25日と11月26日の2日間開催されます。

2021年で9回目となる「沖縄大交易会」は、東アジアにおける地理的な優位性を活かして海外への販路を広げようと開催されていて、2020年は新型コロナの影響でオンラインのみでの実施でしたが、2021年は2年ぶりに対面での商談会も行われました。

対面での商談会は11月25日と11月26日の2日間で、納品業者、いわゆる「サプライヤー」は106社、買い手となる「バイヤー」は59社が参加します。

みやぎ農園販売部・加藤政弘部長「(オンラインでの)画面見ながらというよりお会いして話させていく方が話しもスムーズに進んでやりやすいと思っております」

オンラインによる商談会は12月24日までです。

食の国際商談会 今回はリアルとオンラインのハイブリッドで