タクシーの配車アプリがリニューアルされ、よりスムーズに乗車できるようになりました。

沖東交通グループは徳島県のIT企業が開発したシステムを導入することで、タクシーを予約できる配車アプリの利便性を向上させました。

リニューアルしたアプリでは指定した場所まで来てくれるタクシーの現在地がわかるようになり、必要以上に待たなくてよくなりました。グループが所有する390台のタクシーに導入されています。

沖東交通グループ・東江優成代表「単なる移動する、ただタクシーを呼ぶアプリじゃなく、お客様とつながっていけるようなアプリになるのかなと考えております」

また、配車アプリによる予約はクラウド上で管理され、会社にいなくても対応が可能になったこともあり、沖東交通では従業員のリモートワークにも活用していきたいとしてます。

タクシー配車アプリの利便性が向上