この秋に投開票が行われる見込みの衆議院議員選挙に向けて、15日、各市町村の選挙管理委員会へ投票用紙が発送されました。

今回準備された投票用紙は衆議院の小選挙区と比例代表、最高裁判所裁判官国民審査の合わせておよそ355万5000枚、段ボール372箱です。

15日朝、印刷会社から各市町村の選挙管理委員会へ発送されたほか、北中城村や南城市など5つの市町村の担当者には直接手渡されました。

宮古島市や石垣市など離島への発送は14日に済んでいて、今週金曜日までには県内41市町村全てに届く見通しです。

秋の衆院選 市町村選管に投票用紙を発送