県の広域接種センターでは9月8日から若い世代を対象としたワクチン接種をスタートさせました。那覇市の県立武道館では、9月8日午後2時半に若い世代の受け付けが始まり、会場の入り口で番号札が配られていました。

県立武道館とコンベンションセンターの2カ所で始まった若い世代への優先接種は、県内在住の20代から30代の人が対象です。ワクチン接種の時間は、午後3時と午後6時の2つの時間帯に分けられていて、事前の予約は必要なく、それぞれの会場と時間帯で先着100人がワクチンを打つことができます。

濱元記者「接種開始5分前の会場です。予約した人は行列をつくっていますが、優先接種で訪れた人はほとんどいません」

最初の接種の時間帯に会場に来た人は、わずか4人にとどまりました。

接種受けた若者「最初はかなり混雑すると思っていたんですけど、意外とぜんぜんそんなにですぐ受けたかったっていうのもあったので受けることができてよかったです。20代の方で感染している人は結構多いので、その辺は優先して、徹底して受けるべきかなと思っているので」

若い世代への優先接種は、9月11日と9月15日にも実施される予定です。

沖縄 広域接種センターで若者の優先接種が始まる