これまでにないスピードで新型コロナの拡大が続く県内の感染状況に玉城知事と医師会、経済団体などが8月1日、感染対策の徹底を呼びかける緊急共同メッセージを出しました。

玉城知事は「いま、沖縄県内で確認される感染者数の人口比は全国ワーストで、海外諸国ではロックダウン相当のレベルです。感染の悪化に歯止めがかからず医療崩壊が現実のものとなりつつあります」と述べました。

玉城知事は、県内の感染状況を「ロックダウン相当のレベル」だとして1日県医師会や、経済団体らなどと協議し緊急共同メッセージを出して県民に感染抑制への協力を強く求めました。

メッセージでは全ての県民に向けて、8月15日までの2週間、家や外で集まることや、外出の自粛、他の都道府県や離島との往来の自粛、ワクチンを積極的に接種することを呼びかけています。

  玉城知事が緊急共同メッセージ