政府が新型コロナの感染が急拡大している沖縄に対して、緊急事態宣言延長の方針で協議していることを受け、玉城知事は「人流の抑制を強化したい」と述べました。

玉城知事は30日の記者会見で「コロナウイルスの感染拡大をしっかり抑え込んで、早期に緊急事態宣言からまん延防止措置に移行することをしっかり進めたい」と述べました。

8月から大型商業施設に対し土日祝日の休業を要請し、人流を抑え込む方針を決めてますが、県は30日にも正式決定する宣言の延長で、早期の解除に向けた更なる対処を模索しなければならない厳しい状況となってます。

県はワクチン供給の前倒しを政府に求め、接種の加速化を図ることと県民や事業者に対しては改めて感染予防対策の徹底を呼びかけています。

緊急事態宣言延長 街の声

緊急事態宣言の3度目の延長に、街を行く人からは対策に対する効果を疑問視する声が聞かれました。

街で緊急自体宣言延長について男性に尋ねると「またかって感じ。ただ自粛自粛ばかりで、それ以外に解決策がないのかなと思う」と話し、女性は「延長しすぎてみんな気が緩んでいるから、もっと厳しく(自粛を)訴えた方がいいと思います」と話していました。

大型商業施設土日祝日の休業要請へ 知事「人流の抑制を強化したい」