暴風や高波への警戒を強めていかないといけません。台風6号が西へ西へと沖縄地方に近づいていて、空の便や海の便に影響が出ています。

空の便では琉球エアーコミューターで那覇と南・北大東島を結ぶ便など5便が欠航となっていて146人に影響が出ています。

7月20日は日本航空で那覇と羽田を結ぶ便など、午後3時以降、15便の欠航がすでに決まっていて、よそ2200人に影響が出る見込みです。そのほか、航空各社の運航状況について最新の情報を確認するようにしてください。

台風6号は速度が遅く、西に進んでいることもあり、空の便は連休初日の7月22日まで影響が及ぶ可能性があります。

台風6号が沖縄に接近 空や海の便ですでに影響