犬や猫の殺処分ゼロを目指す活動に役立ててほしいと、県内でペットショップを運営する企業から動物愛護団体などに支援金が贈られました。

ペットリボン基金は、県内で「PETBOX」を運営するオム・ファムが行っているものです。

贈呈式で、オム・ファムの中村毅社長は「これからも支援の輪を広げて、不幸な犬猫を生まない社会の実現に向けて取り組んでくさだい」と県内で活動する5つの動物愛護団体に対して、合わせて127万円余りを贈りました。

どうぶつたちの病院沖縄の仲地学さんは「けがをした野生動物の治療に使う薬代などにあてたい」と感謝を述べました。

ペットリボン基金 贈呈式