感染拡大の影響で「コンディションを考慮した」ということです。東京オリンピックに出場する7人制ラグビーのニュージーランド代表が、読谷村で予定されていた事前キャンプが中止することが分かりました。

読谷村によりますと、7人制ラグビー男女ニュージーランド代表の事前キャンプが、7月7日からおよそ2週間村内で予定されていました。

中止の理由についてニュージーランド側は「日本や沖縄の感染状況から新型コロナによる懸念があり、選手コンディションの面を考慮し、直接選手村に入るため」と説明しているということです。

読谷村の石嶺村長は「大変残念だが、チームの最善策として判断したものと考えている。大会で輝かしい成績を挙げられるよう読谷村全員で応援していきます」とコメントしています。

県内では11の市町村で事前キャンプや大会後の事後交流が予定されていましたが、読谷村のほか沖縄市や宮古島市などでも中止が決定しています。那覇市や浦添市など他の自治体では実施の方向、あるいは実施するか相手国との調整が続いています。

東京五輪 読谷村での7人制ラグビーNZ代表の事前キャンプ中止