今後は多くの人が行きかったGWの影響が新型コロナの感染者数にどう出てくるのか注意していく必要がありそうです。5月10日は新たに高齢女性1人の死亡と36人の感染が確認されました。

県によりますと、新型コロナに感染し入院していた南部保健所管内に住む70代の女性1人の死亡と10歳未満から80代までの男女あわせて36人の感染が新たにわかりました。感染がわかった36人のうち半数近い17人の感染経路が不明です。居住地別では那覇市で8人、宜野湾市で5人、南城市と石垣市で4人などとなっています。中部保健所管内の高齢者施設で、70代から90歳以上まで35人の感染がわかりクラスターかどうか調査が進められています。

県は新規感染者数の推移について5月10日はゴールデンウィークが明けて初めて前の週を下回りましたが5月11日以降も引き続き注視していかなければならないとしています。

新型コロナ 死亡1人新規感染36人