昨年、新型コロナウイルスの感染拡大で中止となった石垣島トライアスロン大会が、11日、2年ぶりに開催されました。

午前8時にスタートした石垣島トライアスロン大会。スタート時の気温24.1度、最高気温は28度の予報で、夏日の中、選手たちは自身の限界に挑戦していました。

昨年はコロナ禍の拡大で中止となっていて、2年ぶりの開催に、1000人近い選手がエントリーしました。

大会は昨年11月に開催が決定した後、首都圏や関西圏で第4波とみられる感染拡大を受けて、石垣島を走るバイク以外は市民の応援を制限し、全国から参加した選手や関係者以外の応援者の来島自粛を要請するなど、徹底した感染防止策を行って開催されました。

石垣島トライアスロン大会2年ぶりに開催