辺野古の埋め立てに本島南部の土砂を使う計画に反対し、ハンガーストライキを行っているガマフヤーの具志堅さんを3月6日朝、玉城知事が訪れました。

ガマフヤーの具志堅隆松代表は、沖縄戦の激戦地で犠牲者の遺骨が埋まっている南部の土砂を辺野古の埋め立てに使う計画に反対を訴えるため、ハンガーストライキを行っています。

その具志堅さんをけさ玉城知事が訪れ、具志堅さんは玉城知事に問題の重要性を訴えました。

具志堅隆松さん「人道的見地からこれを止めてほしい、やめて当然の話だと思っている。今回のハンガーストライキを通じて得たものは県民から共感、支持の裾野が広がっているということ」

玉城デニー知事「深い思いを持っていらっしゃるということが行政でもつながっていないといけないというのが正直な気持ちです」

ハンガーストライキは3月6日までとなっています。

ハンスト実施の具志堅さんを玉城知事が訪問