いわゆる普天間爆音訴訟の原告団が会見を開き、来週提訴を予定している第3次訴訟の原告が4000人を超えると発表しました。

訴訟では普天間基地周辺の住民らが国に対し、アメリカ軍機の飛行差し止めや騒音による健康被害の認定、損害賠償を求めることにしています。

19日の会見で普天間爆音訴訟団の島田善次団長は、原告の人数が前回の3400人を大きく上回る4182人になると発表しました。

普天間爆音訴訟団・島田善次団長「これから厳しい第3次の戦いが始まるが、何としても我々の静かな日々を取り戻すため頑張りたい」

訴訟団は12月25日に那覇地裁に提訴する予定です。

第3次普天間爆音訴訟 原告は4182人に