継続か、一時停止か。全国で感染が拡大している新型コロナ、GoToの見直しについて議論が高まるなか、県は11月30日「GoTo事業を継続する」という方針を示しました。

謝花副知事「GoToトラベル事業については、県外からの感染事例が少ないことや経済団体からの事業への期待が大きいことなどから対象地域からの除外は求めないこととします」

県はGoToトラベルで対象地域からの除外を求めず、旅行前からの体調管理や旅行中の対策を徹底することの他、旅行に来た人たちだけで食事を取って4人以下にすることなどを求めています。

また、GoToイートについても、プレミアム付き食事券は販売を続けますが県内のクラスターは飲食関連が多く基本的にテイクアウトやデリバリーを利用し、店内で飲食する場合、4人以下、2時間以内にするよう求めています。

県では「警戒を緩めていいというものではない」として感染対策を怠らないよう協力を呼びかけました。

GoTo事業の継続を発表