バーチャル・リアリティーVRの技術を介護福祉の分野で活用しようという授業が那覇市の専門学校で行われました。

VRを使った授業は新型コロナの影響で介護などの実習がまだ出来ていない1年生に実習に近い感覚で学んでもらおうと企画されました。

授業は文部科学省からの委託で介護福祉の分野に役立つコンテンツ作りを進めている東京の学校法人が全国12の専門学校や高校で行っています。

生徒や教員の反応や意見を集めながら新しいコンテンツの開発を進めるということです。

VR活用に向け専門学校で実験授業