普天間基地の負担軽減について、三者で話し合う作業部会が1年2カ月ぶりに東京で開かれましたが、具体的な進展はありませんでした。

2019年9月以来、1年2ヶ月ぶりの開催となった作業部会。県からは謝花副知事、宜野湾市からは和田副市長、それに政府からは杉田官房副長官などが出席しました。

辺野古への移設が12年かかるとされるなか、県や宜野湾市は普天間基地の運用停止について新たな期限設定や運用停止に向けた具体的なスケジュールをアメリカ側との調整を求めました。

政府は「現状の辺野古に関して設計変更の申請もあり、明確に示すのは難しい」と回答するに留まり、具体的な進展は見られませんでした。

今後の作業部会について、三者は定期的に開催したい考えですが、コロナの影響もあり、次回がいつになるか日程の調整がついていません。

普天間作業部会 国、期限設定示さず