苦境が続く県経済、主要の観光では回復の兆しが見え始めたかもしれません。日銀那覇支店は県内の景気について「一部に回復の動きがみられる」として判断を4カ月ぶりに上方修正しました。

10月にGo toトラベルに東京が加わり、観光で一部回復の動きが見られるためです。ただ、依然として厳しい状況が続いているとしています。

一方で、県民消費はその大本である雇用・所得が悪化しつつあるため、全体的には芳しくない状況だとして、今後の先行きについても「引き続きコロナの影響を受けるとみられる」との見方を示しました。

県内景気4カ月ぶり上方修正もコロナ影響厳しく