玉城知事は11月9日、新型コロナで大きな打撃を受けた県経済への対策を定めた基本方針について経済の回復と将来を見据えた方向性に改めると発表しました。

新型コロナの影響を受けた県経済の対策について県はこれまで事業や雇用の維持に必要な施策を中心に講じてきました。今回の改定では観光をはじめ、あらゆる業種で経済活動の回復をはかることや新たな生活様式に適した社会の構築に向けた中長期的な復興・発展への取り組みを盛り込んでいます。

玉城知事「ウィズコロナの環境下における経済活動を着実に推進し当面の回復を図っていくためには必要な対策を切れ目なく講じることが重要」

また玉城知事は医療機関への補助や修学旅行の受け入れ態勢を構築する支援などにも対応するため新たな補正予算の計上を検討しているということです。

コロナ対策の経済対策基本方針の改定を発表