県出身者で初めて芥川賞を受賞した作家・大城立裕さんが27日亡くなりました。95歳でした。

大城立裕さんは1950年代から執筆活動を始め、沖縄の戦争や歴史、文化を題材に、小説の他、戯曲や評論などでも広く活動を続けてきました。

1967年には、アメリカ統治下の沖縄の不条理さを描いた小説「カクテル・パーティー」で沖縄の作家として初めて芥川賞を受賞しました。

その後も県立博物館の館長を務めるなど、沖縄の文化振興に尽力しました。

大城さんは27日午前11時10分、老衰のため北中城村内の病院で亡くなったということです。告別式は30日、浦添市のいなんせ会館で営まれます。

作家 大城立裕さん死去 95歳