大きくうねった波が岸壁に何度も打ち付け大しけとなっています。台風14号は島から遠ざかっていますが影響は続きそうです。

渡嘉敷翔太記者「台風は島から遠ざかっていますが、それでも時折市街地では強い風は吹いています」

台風14号が北よりの進路を進んだこともあり大東島地方は台風の暴風域に入りませんでしたが、南大東島では10月8日午前0時半すぎに最大瞬間風速21.1mを観測しました。

一方、島の小中学校では臨時休校になる可能性もありましたが、10月8日は通常通り授業が行われました。

南大東小中学校望月雄紀校長「前回の10号がとても強く当たりましたので、それに比べてみれば被害もほとんどなく、通常に授業、学校ができること、とても良かったと思う」

これまでに目立った被害はありませんでしたが南大東島ではきのう開設された避難所に一人で暮らす高齢者が身を寄せ一夜を過ごしました。

避難に来た高齢者「ありがたいことです。今度もまた台風。一人だから怖いお家は。半分壊れているんだから。それでこっち(避難所)に来た」

9月に立て続けに台風が島を襲ったこともありサトウキビなど農作物の塩害が懸念されます。台風は大東島地方から遠ざかっていますが、10月9日の明け方まで強い風が吹く見込みで注意が必要です。

台風14号 大東島から遠ざかるも強い風残る