改めて最新の感染状況を見ていきます。9月4日の新規感染者数は28人で累計が2200人となりました。7月以降では2058人となっています。

緊急事態宣言が2度目の延長となった8月30日から9月4日までの間に新たに感染がわかった人の数は118人です。その中でも最も人数が多かったのが8月30日の33人でした。それ以降は、台風の影響もありましたが、20人台だったり、一桁台だったりしました。感染拡大の勢いも落ち着きつつあるようにも感じます。

ただ、人口10万人あたりの感染者数では依然として「東京」を上回っていてまだ、予断を許さない状況が続いています。

そして、医療の面です。入院患者数は239人、重症者は11人、中等症は85人で依然として医療の現場が楽になったわけではありません。9月4日、、亡くなった人は確認されませんでした。

モニター解説 9月4日感染状況まとめ