さてこちら・・・なんだと思いますか? 缶詰ですよね・・・何の缶詰なんですか? 実はこれ、沖縄市の観光物産振興協会がコロナで自粛が続く今、せめてコザの空気を感じてほしいとコザの空気を詰めた缶詰を販売したんです。

「コザの空気感(缶)ゲート通り編」と名づけられたのは、空気の入った缶詰です。企画した沖縄市観光物産振興協会の花城さんによると「沖縄市、コザをずっと忘れないでほしいという気持ちで作った」ということです。

先月21日から70個限定で販売を始め、なんとおよそ1週間ほどで完売する大人気だったということです。コザの青空を感じられる缶詰の中身だったのかもしれませんね。空けてみたかったですね~

人気にあやかって今度は第2弾「夜のコザの空気」みたいなものを計画しているそうです。楽しみですね。

コザを感じて!沖縄市が空気缶を販売