強い台風9号は、8月31日から9月1日にかけて、非常に強い勢力で沖縄地方に接近する見込みで、沖縄気象台は厳重な警戒を呼び掛けています。

台風9号は、31日午後3時にはフィリピンの東にあって、ゆっくりとした速さで北へ進んでいます。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルで、中心から半径95キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。

沖縄地方では31日から強い風が吹き、宮古島地方では31日夕方から、沖縄本島地方では31日夜の初めごろから、石垣島地方では9月1日から暴風となる見込みです。

9月1日はさらに風が強まって、一部の家が倒壊する恐れもある猛烈な風の吹くところがある見込みです。このため沖縄気象台では、風が強まる前に頑丈な建物の中に移動するとともに、屋内では窓から離れるなど、暴風に厳重な警戒を呼び掛けています。

台風9号