本島北部地域でシークヮーサーに原因不明の立ち枯れの被害が広がっていることを受け、8月26日、生産者らが県に被害の対策などを要請しました。

県を訪れたのは県シークワーサー加工事業協同組合や生産農家などで立ち枯れの原因究明や対策。生産回復に向けた緊急支援などを要請しました。

これに対し、県の長嶺農林水産部長は「農家などの声を聞いて早急に原因究明に取り組みたい」と話し、支援策も検討したいと答えていました。

シークワーサー立ち枯れで緊急要請