新型コロナウイルスの感染拡大防止のため休校となっていた県立高校が8月24日から授業を再開、台風にも負けず校舎ににぎやかな声が戻ってきました!

仲本記者「台風の影響で雨が降る中、およそ2週間ぶりに2年生が登校します」

休校期間が終わって8月24日から学校が再開した那覇高校、台風の影響で朝から激しい雨風に見舞われましたが、元気に登校した生徒たちはクラスメイトとの再会に声を弾ませていました。

男子生徒「家とか1人だったらダラダラしてしまうので学校始まってみんなと会えてうれしいです。授業はしていないので心配ですけど、自分で時間あったんで勉強した」

女子生徒「楽しいです。開放感があります。すごい寂しかったです。みんなに会えなくて」

女子生徒「(Q.友達とはどんな話した?)休み何してた?って」「(Q.休みは何してた?)寝てました」

那覇高校では「密」を避けるため1年生と2年生が1日おきに登校する「分散登校」を実施しています。

那覇高校伊志嶺嘉典教頭「生徒たちが登校してくるとほっとしますね。登校させることに対して、不安を感じている保護者もいますが、一方ではやはり、長い間授業が止まるというところで学習の保障を危惧する声も一定数ありますので、ブレーキとアクセルを両方踏まないといけないというところで難しく感じています」

那覇高校では新型コロナによって2週間程度授業が遅れているため中止となった学校行事の時間を授業に充てることにしています。

台風にも負けず登校 県立学校で授業始まる