台風5号は、沖縄の南の海上を北上しています。気象台は大雨や高波、強風に注意するよう呼びかけています。

台風は午後3時には、那覇市の南西およそ190キロメートルの海上にあって、1時間におよそ35キロの速さで北に進んでいます。中心気圧は998ヘクトパスカルで暴風域はありません。

この台風の影響で沖縄本島と周辺の離島を結ぶ船の便は多くの便が欠航しました。また、空の便では日本航空の那覇と羽田を結ぶ便など100便以上が欠航しています。

沖縄本島地方には波浪警報が出されていて、気象台は高波に警戒するよう呼びかけています。

台風5号 交通機関に影響