琉球朝日放送の社内で、5人目の新型コロナウイルスの感染者が確認されました。感染が確認されたのは、本社に勤務する30代の男性技術スタッフです。

男性スタッフは、保健所から2人目の感染者の濃厚接触者と連絡を受けたため、7月19日から自宅待機していました。

翌日の20日にQAB独自の検査を受けて「陰性」でしたが、22日に発熱があったため病院で検査を受け、その際も「陰性」でした。

しかし、7月30日に再び発熱の症状がみられたため、3度目の検査を病院で受けたところ、31日夜に「陽性」と確認されました。

QABでは、濃厚接触者を自宅待機させるとともに、番組出演者など全スタッフのべ195人を対象に独自のPCR検査を行い、これまでに感染者以外、全員の陰性を確認しています。

QABで5人目の新型コロナ感染者