琉球朝日放送が独自に行った新型コロナウイルスのPCR検査の結果、29日までに、感染が確認された4人以外、全スタッフの「陰性」が確認されました。

QAB社内では、これまでに4人の新型コロナウイルス感染者が確認され、このうち2人は退院し、2人が入院中です。

QABでは、病院の検査で「陰性」が確認された濃厚接触者を自宅待機させるとともに、番組出演者など全スタッフ、のべ195人を対象に独自のPCR検査を行いました。その結果、29日までに、感染者以外、全員の「陰性」が確認されました。

QABでは今後とも、社内外の感染拡大防止と関係者の安全確保に最大限の配慮を行ってまいります。

QAB 全スタッフの新型コロナ「陰性」確認