県や医師、感染症の専門家などで作る新型コロナ専門家会議が27日開かれ、中南部地域においては警戒レベルが第3段階にあるとの見方が示されました。

沖縄県糸数公保健衛生統括監「中南部に関しては医療のフェーズは3に突入しているだろうと。中南部については流行が始まっている状況にあるという風に認識すべきである」

27日、およそ1カ月ぶりに開かれた新型コロナ専門家会議では、短期間で急速に感染者数が増えていることなどについて議論がなされ、中南部において警戒レベルが「感染流行期」にあたる第3段階にあるとの見方が示されました。

一方、会議に参加した県立中部病院の高山医師は、第1波の時と比べ、ウイルスの正体が分かってきたとしながらも改めて感染予防を呼びかけました。

県立中部病院高山義浩医師「今大事なのは市民の間で感染を広げない協力が不可欠だということ。今がとても大事な時だという風に考えています。よろしくお願いします」

県は専門家から出た意見を踏まえ、28日午後に開かれる対策本部会議で今後の対応を決めることにしています。

コロナ専門家会議 中南部は「感染流行期」に