7日、開会中の県議会6月定例会で、県が提出したおよそ342億円の一般会計補正予算案の審議が行われ、可決されました。

7日の県議会6月定例会では、県が提出した第4次一般会計補正予算案の審議が行われました。この補正予算案は新型コロナウイルスへの緊急対策を講じるため、およそ342億円の予算を追加計上しています。

事業の内訳としては、那覇空港でのサーモグラフィーの設置や、新型コロナの感染者を受け入れた指定医療機関などへの空床補償などが盛り込まれ、補正予算案は可決されました。

県議会では、7日と8日の2日間、代表質問が行われます。

新型コロナ対策で県議会 約342億円の補正予算案