沖縄市にある東南植物楽園では、夏の訪れを告げる蓮の開花が始まり見頃を迎えています。

うるま市からきた家族「立派だな綺麗だなと。前来た時は咲いてなくて残念だなと思っていたので今回咲いてて良かった」

那覇市からきた家族連れ「すごい綺麗見ていて癒されます」

東南植物楽園では県内で最大級の蓮池一面に、クリーム色が特徴のペリーズ・ジャイアント・サンバーストと、桃色が可愛い蜀紅蓮の2種類の蓮が大きく広がっていて見頃を迎えています。

東南植物楽園ガイド担当「まれに白にピンク色のまだら模様が入った天竺斑蓮という蓮が植えられている。数が少ないので見られたらラッキーです。ぜひ探して見て頂きたいです。午前中に開いて、お昼ごろには閉じて終わるので、朝早く見に来て頂くと、綺麗な姿の蓮をご覧いただけます」

蓮の開花は4日間しかありませんが、蕾がゆっくりと開くところや、咲いた直後には蓮の香りが強く広がることから、目だけでなく香りも楽しみながら鑑賞することができます。

東南植物楽園で蓮・睡蓮が見頃を迎える