6月23日の慰霊の日を前に、宜野湾市で高校生などによる平和学習クリーン活動が行われました。

6月21日、宜野湾市で行われた平和学習クリーン活動は、清掃活動などを通し平和の尊さについて考えようと、毎年、慰霊の日にあわせてこの時期に開催されています。

今年で30回目の開催となった今回は、県内の高校のインターアクト部の生徒や、地域のロータリークラブの会員らおよそ50人が参加し、75年前の沖縄戦で激戦地となった嘉数高台で清掃活動を行いました。

参加した生徒「改めて平和の大切さとか自分が恵まれた環境にいることを感謝しないといけないと思った」別の参加した生徒「受け身じゃなくて自分から主体的に行動しないといけないと思った。ほかにも自分で調べたりしてもっと平和について学習していけたらいいなと思う」

参加者らは慰霊碑に対し黙とうや献花を行い、75年前にこの地で起こった出来事に思いを寄せていました。

慰霊の日平和学習クリーン活動