県による独自の緊急事態宣言を受け、座間味村や渡嘉敷村は、大型連休の期間中、沖縄本島とを結ぶ高速船の運休を決めました。

座間味村や渡嘉敷村によりますと、4月25日から5月上旬までの期間中、「クイーンざまみ」と「マリンライナーとかしき」の2隻の高速船が運休します。

両村の決定は、県による独自の緊急事態宣言の中で感染拡大防止のため、離島への渡航自粛を求めていることを受けた対応で、観光客などへの渡航を制限し、村民の安全を守ることを目的にしています。

一方で、島への物資の確保などから島を結ぶフェリーは運航します。