国頭村や、東村、大宜味村の3村が先週、新型コロナの感染拡大防止のため、村に来るのを自粛するよう呼びかけています。

4月20日午後、名護市で新型コロナの現状や今後の対応などについて県と意見交換したのは北部町村会のメンバーです。

新型コロナの不安が全県に広がる今、17日、国頭村や、東村、大宜味村の3村が合同で声明文を発表。

「現時点では北部やんばる3村で新型コロナの発生はないものの、その脅威は、すぐ近くまできている」とし、観光などで、やんばる3村への移動や、地域住民との接触を控えてほしいと訴えています。

ただ、国頭村役場によるとこの声明を発表した後の先週末も、車の往来や、キャンプをする人の姿がまだ、あったとして、来村の自粛を呼び掛けています。

やんばる3村が来村自粛を呼びかけ