県内で新型コロナの感染者が増えていることから持病を持っている人の中で、なかには病院へ診察を受けに行くことをためらう方も中にはいるかもしれません。そんな方に活用して頂きたい方法があります。

新型コロナの感染を避けるため厚労省が臨時的手段とし発出した「医療機関に行かなくても処方箋受け取ること」ができるという方法です。

しかしいくつかの条件も必要となるので詳しく解説していきます。

1 電話診察の対象となる人は慢性疾患などで通院する人が対象となります(体調や症状などによっても可能かどうかちがってきます)※初診の方などは対象外となっています。

医療機関の対応 電話で処方箋を発行

2 電話で診察してもらいます。

3 電話で診察後に処方箋を発行して貰い、指定した薬局へと処方箋をFAXしてもらいます。あとは薬を指定した薬局に受け取りに行くだけです。(電話診察を対応している病院でも、処方箋を一度病院に受け取りに行く必要がある病院もあるのでこちらも確認が必要です)

電話診察での処方箋を発行することにしてもらうことにより診察の待ち時間の短縮や不特定多数の人と接触を減らすことで重症化しやすい人の新型コロナの感染をリスクを下げることができます。

また県医師会は県内のすべての医療機関に電話での処方箋発行の方法を推奨していますが対応するかどうかは病院の方針によります。なのでまずは、「かかりつけの病院が対応しているかどうか」を確認してもらいたいということです。

また病院によっては現段階でも電話が繋がりにくかったりしますのでご自身にあった新型コロナの感染予防策を試してみてください。