新型コロナウイルスの感染流行の懸念が広がる中、9日、那覇市医師会や八重山地区医師会がそれぞれ会見し、医療の現場を守るために訴えかけました。

那覇市医師会の山城千秋会長は「今週に入り明らかにフェーズが変わりました。1日での感染者数は12名というのは人口比でいうと東京と変わりません」

県庁で会見した那覇市医師会の山城千秋会長は、「那覇市医療の緊急事態宣言」で局面が変わったとして、現在感染者が増え、追い詰められる医療現場への行政による支援を訴えました。

会見では、那覇市内の医療従事者が現在、家族への感染を防ぐため病院内で寝泊まりしている現状を訴え、ただちに医療者の宿泊施設を用意するよう行政に求めました。

また、医療者や市民の健康を守るためにも外出の自粛や、行政に対しては病床の確保のほか、医療者の二次感染防止のためのN95マスクや防護服等を調達も求めています。

八重山地区医師会の上原秀政会長は「これから先、一人でも新型コロナが発生した場合は状況が変わります」と話しました。一方、9日、石垣市の八重山地区医師会も会見し、八重山でもいずれ感染が発生し拡大していくことが予想されるとして、危機感を強め、市民への外出自粛を呼びかけていました。

新型コロナ 那覇市や石垣市で医療機関が訴え