アメリカ軍基地の跡地からダイオキシンを含む廃棄物が見つかった問題で北谷町が町の財源でその土地を買い取る方針を固めたことがわかりました。

北谷町は開会中の議会で土地の買い取りにかかる約5400万円の予算を計上しています。この問題は9年前北谷町上勢頭の民間地で住宅を建てようと重機を入れたところ、異臭がし、ボーリング調査の結果ダイオキシンを含む廃棄物が見つかったものです。

この土地は1996年に返還されるまでアメリカ軍用地として使われていた町有地でした。返還後、北谷町は、この町有地が汚染されているとは知らず、町内にある別の土地と等価交換。譲り受けた地権者が負担を背負わされる形になっていました。

返還軍用地で汚染が発覚したということで町では沖縄防衛局に対し補償を求めていますが、折り合いがつかないことから町の予算で買い取ることになりました。

この件に関し沖縄防衛局は国がこの土地を取得するのは困難としています。

汚染された跡地 北谷町が買い取りへ