石垣市白保のリゾートホテル建設を巡り、地元住民たちが工事の差し止めを求めていた裁判で、3日、那覇地方裁判所は「ホテルが建築される具体的なおそれはない」との判決を言い渡しました。

この裁判は、石垣市白保集落で計画されているリゾートホテル建設が周辺の自然環境などを損なう恐れがあるなどとして、住民らが工事の差し止めを求めていたものです。

3日の判決で那覇地方裁判所の平山馨裁判長は、被告が開発許可を受けた排水処理方法が県の基準で認められておらず、事実上建設が不可能なことをあげ「原告側住民が差し止めを求める利益はない」として訴えを却下しました。

原告団の新里昌央代表は「今回の判決は実質勝訴だと考えています。きょう、裁判によって計画が実施できないことが明らかになりました」と話していました。

またこの訴訟を支援する会の柳田裕行事務局長は「実施できない計画に対する開発許可が県から出されたことは、見直されるべき重要な問題だ」と指摘しました。

白保リゾートホテル裁判 住民側勝訴