琉球銀行は国内で初となる、台湾の電子マネーブランドと提携を結ぶことを発表しました。

交通機関やコンビニなどで使用できる台湾最大の電子マネーブランド「悠遊カード」。2月17日琉球銀行が国内で初めて提携を結び、7月から県内でのサービスが始まります。

台湾では約7割のシェアを占める悠遊カードが、県内のコンビニエンスストアや飲食店などで利用可能になることで、年間90万人を超える台湾からの観光客の誘客につなげることが狙いです。

琉球銀行の川上康取締役頭取は「県内だけでなくゆくゆくは、全国規模で悠遊カードを使えるようにしたい」と今後に期待を込めていました。

琉銀が台湾の悠遊カードと提携