石垣市の住民たちが、市に住民投票を実施するよう求めている裁判の第2回口頭弁論がきょう、那覇地裁で開かれました。

この裁判は、石垣市の住民らが、陸上自衛隊配備計画の賛否を問う住民投票条例案が議会で否決されたことを受け、市に対し住民投票を実施するよう求めているものです。

市側は答弁書で「原告らの請求手続きは終了した」などとして、訴えを棄却するよう求めています。

きょうの口頭弁論で、原告の1人、渡久山修さんは「石垣島の未来に責任を分担させてほしいとの思いを、石垣市は真摯に受け止めてほしいと強く求めます」と訴えました。

次回裁判は来年2月に開かれます。