正殿などを全焼した首里城の火災から2日。火災現場では2日も実況見分が続いています。

2日の実況見分は警察と消防、130人態勢で午前10時すぎに始まりました。

比嘉夏希記者「拾い集めたがれきを入れたバケツを手渡しで運び出しているのが確認できます。作業は人の手による慎重なものでかなり時間を要していると思われます」

消防などによりますと、首里城では出火のおよそ1時間前までイベントの準備作業が行われていたということで、2日は業者の立ち会いを求めて作業手順などを確認しているとみられます。

現場には焼け落ちた瓦や木材が大量に残されているため、出火原因の解明などにはしばらく時間がかかりそうです。

首里城火災 実況見分続く