宮古島の自衛隊配備問題で、計画されている弾薬庫建設を撤回するよう住民たちが要請しました。

ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会・仲里成繁代表「性急に部隊を配備し、配備の既成事実化を、なぜ急ぐのでしょうか?地域住民に、丁寧に説明し、理解を得ると言いながら防衛局は自ら信頼を失う対応を繰り返していることを強く抗議します。」

要請したのは、陸上自衛隊の配備に反対している宮古島の住民など15人で、島の南東にある保良地区に計画されている弾薬庫建設を撤回するよう求めました。宮古島の陸自配備を巡っては地元住民に十分な説明がないまま、駐屯地内にミサイルが保管されていたことが発覚し、島の外に運び出された経緯があります。

住民「(火薬を)何トン入れるんですかって、何をここにしまうんですかって、何をするんですかって、聞いているのに、全部それ説明しないじゃないですか。いつから自衛隊の装備が、私たちの生活の上になったんですか」防衛局との質疑「弾薬庫を置かないとは…(住民:言いました!)地対空誘導弾、地対艦誘導弾は置かないということで…(住民:そんなことは言っていません)」

住民の間では、不安が広がっていますが、防衛局の回答は弾薬庫内で火災が起きないよう対策を施していると、安全面を強調するものにとどまりました。

ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会・仲里成繁代表「地元が危険を叫んでも、それに対して、聞く耳も持たずに計画した工事を進めていくということで、防衛省のやることはちょっと信頼できないですね。」

また、住民たちは県に対しても国に撤回を働きかけるよう要請しています。