PFOS汚染の河川や井戸 取水止めるよう要求

県内の水源が有機フッ素化合物、PFOSに汚染されているのを受け、市民団体が県に直訴です。県庁を訪れたのは嘉手納ピースアクションのメンバーです。

玉城知事と県企業局長に対し、北谷浄水場の取水源のうち、有害とされるPFOSやPFOAの数値が高かった河川や井戸水からの取水を止めるよう求めました。

嘉手納ピースアクションのメンバーは「比謝川、長田川、天願川、嘉手納井戸群の取水をやめた場合、どのような問題が生じますか」と質問しました。

また別のメンバーは「貴重な水源と言うけど、県民の命はどうなの?そこを皆さん判断しないと困ります」と話しました。

また別のメンバーは「基地内調査と言っても、今は日米地位協定など問題がありますから、今すぐできるものではないです。今企業局ができることは汚染源がはっきりしているので、そこの水をとらないというのが先決じゃないですか」と話しました。

これに対し、県企業局の担当者は、水道水の安全性は担保されているとした上で、「これらの水源は貴重で、停止すると安定的な供給に影響する」と述べました。