県民投票条例案 採決は24日に持ち越し

辺野古の賛否を問う県民投票実施に向けた条例案。採決は24日に持ち越されました。

審議されている条例案は、辺野古埋め立ての賛否を二者択一で問う内容です。16日の委員会で採決される予定でしたが、与野党双方が修正案を提出。

与党は賛成・反対の得票率に関係なく、日米両政府に結果を通知するとした条文を加えた案を提出。これに対し、自民・公明は「代替施設」であると明記することや賛否以外に「やむを得ない」「どちらとも言えない」の選択肢を加えた4択とする修正案を提出し、採決は24日に延期されました。

署名運動に取り組んだ団体の代表はこの修正案について「賛成か反対かを決めたいと集まった署名の重みを受け止めてほしい」と話し、2択での実施を希望しています。