県 承認撤回の準備整う

辺野古への国の土砂投入を巡り県の謝花副知事は、「動きがあれば毅然と判断する」との考えを示しました。

辺野古の埋め立て承認の撤回を巡って、県は、その権限を8月16日から職務代理者の富川副知事から謝花副知事に委任しています。

謝花副知事は「国の流れを見ながら、全体の動きも見ながら私のほうでしっかり判断していきます。土砂投入をする動きがあるということであれば、我々も毅然としてやりますので」と話しました。

また県はさきほど、9日に沖縄防衛局の反論を聞いた聴聞手続きの「報告書」をとりまとめ、副知事に報告しました。

これにより、辺野古の埋め立て承認の「撤回」に向けた準備が整うことになり、県は、今後国の動きを見ながらその時期を慎重に判断したい考えです。