猛烈な台風8号は、10日には、非常に強い勢力で先島諸島に接近する見込みです。

猛烈な台風8号は、9日午前9時には、日本の南の海上にあって、1時間に約30キロの速さで西北西に進んでいます。中心の気圧は915ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートルです。

石橋記者は「大きくうねった波が次々と打ち付け、あたり一面真っ白になっています」とリポートしました。

現在、波浪警報・強風注意報が出ている大東島地方では、昼過ぎから更に風が強まる見込みです。

台風は10日には、非常に強い勢力で先島諸島に接近し、警報級の猛烈な雨も予想されています。沖縄気象台は、防風や高波に厳重に警戒し、早めの台風対策を行うよう呼びかけています。