普天間基地負担軽減 作業部会

自民党県連の知事選候補者選考委員会は7月9日宜野湾市の佐喜眞淳市長に正式に出馬を要請しました。出馬要請では、國場委員長が委員全会一致での推挙を強調しました。

これを受け佐喜眞市長は、要請は重く受け止め、後援会と相談したいと、出馬に前向きな姿勢を示しました。

終了後、佐喜眞淳宜野湾市長は「きょう受け取った時点で(受諾まで)どれくらい時間が必要かどうかというのはまだ定かではないと思いますので、県連、経済界の構成メンバーで行われている選考委員会の方々とも相談したいと思います」

佐喜眞市長は後継の市長候補の環境整備が整えば受ける方針です。