県民投票 23日までに署名残り1万筆必要

辺野古の「埋め立て」の賛否を問う県民投票に向けた署名運動。まだ1万筆、足りていません。

「辺野古」県民投票の会によりますと、6日午後6時までに届いている署名は1万4291筆。県民投票条例の請求には有権者数の50分の1にあたるおよそ2万4千筆が必要ですが、残り1万筆が不足している状況で、定められた運動期間中の7月23日までに集める必要があります。

「辺野古」県民投票の会元山仁士郎代表は「市民の方々に、県民の方々に一緒にしっかり2%、50分の1というのを超えて、さらにその上を目指せるように取り組んでいけたらと思います」と話していました。

会では今後、街頭での署名の呼びかけを強化することにしています。